FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人フレンズストーリー祭り 運命の海賊っぽいチョイス


前回はフライングダスト達を撃退してマジカル☆ダストを集めましたね。

フライングマンダスト
ファミリアの攻撃が届かない強敵すぎるモンスター。

あのマジカル☆ダストは奇妙な埃の塊というらしいです。つまり普通じゃない埃の塊なんでしょう。異常な埃の塊。
でも何かオーラまとっていてマジカルな感じがするのでマジカル☆ダストと呼び続けます。

集めたマジカル☆ダストをリリーにゃんに渡すと、お疲れ様でしたという言葉をいただけます。
リリーにゃんによると、このモンスター達が現れた原因はもうすぐ明らかになるでしょうとのこと。現場の状況判断と問題の解決能力が凄まじいです。まるで生きるトラブルバスターです。

ネコの姿になってモンスター相手に解決策をブレインするリリーにゃん犬の姿になって女子学生相手に犬プレイをご奉仕してもらっているエルウィンとの差がどんどん開いていきますね。

あぁリリーにゃんはすごいですね。あのモンスター達から拾ったドロップアイテムをマジカル☆ダストと呼んでいた自分が恥ずかしいです。

リリーにゃん
今あなたと戦ったモンスターたちは……ダストと呼ぶことにしましょう。

何かちょっと親近感湧きました。



ただ、リリーにゃん曰くエスレットには出来るだけ普通の学園生活を送ってほしいとのことで、動物と話している様子を魔法のないフレンズ住民に見られると不思議に思われるらしいのであんまり話さないようにしましょうと言います。

魔法がなくても動物と話しますよね!!??

あれもしかして不思議に見られてた……?

まぁリリーにゃんと話していても屋上だから大丈夫でしょう、とか思っていると見事なタイミングで屋上に乱入してくるミハエル、ホークアイ、イカルトの3人組。

ふれホークアイたち

どうやらここはホークアイ達のシマらしく、すまないがおりてくれないか的オーラを放ってきます。シマって表現が海賊職のホークアイっぽいですね。

その後も色々言ってきますが、イカルトが「お前みかけねー顔だな」的なことを言ったことで話題が「お前転校生じゃね」的な方へ進んでいきます。

拳の達人をフルボッコにして失神させてボッコボコにしてという噂(学生談)は当然この3人も知っているらしく、指一本で倒したとか足の指一本で倒したとかその場に立っているだけで失神させたとか某海賊漫画の覇気を身に着けているレベルの強さまで達しているぐらいのことを言ってくれます。

表現の仕方が海賊職のホークアイっぽいですね。

そんな強さを持つ転校生・エスレットの強さを見抜いたのか、ホークアイがテコンドー部に勧誘してきます。が、そこはせっかくかっこいい噂がたっていることですし、孤高の最強キャラっぽく君たちとは関わりたくないと言う選択肢を選んで断ります。

ふれんずえす
テコンドー部? 興味ないね。

きゃーかっこいいー。

ちなみにホークアイは割とあっさり身をひいてくれます。それだけ自身のテコンドー部に対する信頼や自信があるのでしょう。

そんなことを話していると、当初の目的である掃除が終わったことを生徒会長ナインハートに報告しなければいけないことを思い出します。登場時の台詞的に不良に見えた3人組ですが、これ以上そんなに絡んでくることはなくすんなり下の階層に向かうことが出来ました。

その後、エスレットのいなくなった屋上で3人は今日のお昼ご飯の話をしています。

ミハエルがあんぱんと牛乳と言う刑事のようなものをチョイスしている中、ホークアイはクリームパンをチョイス。

クリームパンってチョイスが海賊職のホークアイっぽくないですね。

でもよく考えたら海賊っぽいお昼ご飯ってなんだという感じのことを思ったので、海賊はクリームパンを食べるってことに勝手にしましょう。





スポンサーサイト

| 開拓者精神ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://frospi834.blog.fc2.com/tb.php/547-22dc668b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。