FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資格試験受けてきたよー


くず3
ひゃっほー! シャイニングスター様のお通りだぜー!

ていま後悔
どっかの国でスタプラ閉鎖する噂あるらしいですよ。

くず3
ひゃっほー! シャイニングスター様のお帰りだぜー!

しばらくやってない間にメイプル情勢がだいぶ変わってそうです。



という訳で久方ぶりの更新です。

そういやどれくらい更新してなかったんだっけ、って思って前回の更新日時みたら3月1日だったんですね。まさかの5ヶ月半振りの更新!

ハーフイヤーノット更新にならなくてよかったです。

そういえばそんなに更新してなかったんですね。メイプル自体もほとんどやってなかったりします。最後にやってのが5月ぐらいだったような。確かゴールデンウィークにちょちょっとやってそれ以来だったような気がします。

こんなに放置していますがメイプルに飽きたとかではなく、単純にリアル事情のせいです。先日資格試験を受けたのですが、それの勉強とお仕事に追われてこんな感じになっちゃいました。

別に隠すようなことじゃないので言っちゃいますが、税理士試験を受けてました。すごくない!? あの士業の1つの税理士だよ!! すげーめっちゃすげー!かっこいい――!!

今回はその中でも一番簡単と言われている簿記論と財務諸表論を受けてきました。
各大手予備校で合格ボーダーラインや合格確実ラインが公表されたので確認したところ、どの学校でも簿記論はボーダー以上、財務諸表論は確実以上を確保出来たのでとりあえず一安心。
まぁ簿記論はボーダー以上確実未満なので怖いところではありますが、うーんまぁ大丈夫じゃないでしょうか。というか今回の簿記論の試験は割と意味不明で難問揃いな感じだったんですが、意外とボーダーラインが高いことに驚きです。

メイプルのことばっか書いてたこのブログで久しぶりに書く記事が税理士試験ってキャラ変ってレベルじゃねーぞ! って感じですが、パッチ当ててる間はメイプルも出来ないですし、せっかくなのでパッチ当ててる間に税理士試験のことでも書きましょう。

かきかき


簿記論

簿記と言えば日商簿記2級とか1級とか簿記検定などがあるので知っている人も多いのではないでしょうか。まぁ税理士試験の簿記論は簿記の問題じゃなくて試験委員の嫌がらせを回避する試験ですけども。

全体的な感想としては、今回の簿記論は難問でも良問でもなく奇問です。奇問です。解いてる時に割とふざけんなって思うレベルで奇問でした。

どんな奇問なの、って感じなんですけど、中学や高校で習った現代国語でどんな問題構成だったが例える
大問1 漢字の書き取り (25点配点)
大問2 漢字の書き取り(25点配点)
大問3 小論文(50点配点)

漢字の書き取りに配点の過半数を振る資格試験。

まぁ現代国語で例えたらなんですけど、割とそんな感じです。

実際は仕訳の記述っていう簿記論の基礎的なことをやらせた感じなんですけどね。まぁ簿記論の基礎としてはありな感じです。でも50点配点はもっと別に出すところあったんじゃないでしょうか。

大問1では税効果会計という、会計上の税金と税法上の税金の額のズレを修正する問題が出たのですが、その処理方法として「資産負債法」を使えという簿記論の範囲外の理論を前提条件に提示するという暴挙に(ちなみに財務諸表論の理論でやります。一応同時受験が多いですけども)

中学や高校でやった社会のテストで例えるなら、日本史の問題を世界史の観点から答えさせた感じです。
これ簿記論だけやってた人出来たのでしょうか。

大問2では割とオーソドックスな仕訳問題……問題自体は。
減価償却費 減価償却累計額 資産除去債務 といった画数が多くて書くだけで時間がかかる答えをやたらめったら書かせるという斬新な難易度上昇方法に着手。

ちなみに税理士試験は1科目2時間の試験ですが、絶対に時間内に終わらせないような膨大なボリュームの問題が出ます。それに加えて処理が難しい問題も多々出るため、簡単なところを取って難しいところを捨てて時間を温存するというのが非常に重視される試験です。

そんな試験で答えを書くだけで異常に時間がとられる問題を出す上に、早く書いて丁寧に書いて読めないと採点されない危険性があるというおまけつき。時間消費させるのが趣味なんでしょうか。

更には、問題文の中に仕訳の科目指定を混ざりこませて処理が分かるけど科目(化学で言うなら水素をHと書くか水素と書くかの指定みたいな)の答えを分かりにくくして点数を下げるという、簿記論というのを投げ打って問題文読んでね!! と言わんばかりの問題でした。ふざけんな。

大門3は上記の2つに比べると割とオーソドックスな総合問題でした。

リベート契約書とか意味不明な問題が出たり投資有価証券の評価額を投資有価証券販売店の1ヶ月の営業日の平均額で評価させるなど謎な問題が出ました。相続税かよ、って感じです。
まぁそれ以外は……って感じです。これもこれで奇問ですが、上記の2問が歴史に残る奇問のせいで陰に隠れてます。


こんな感じで全体的に奇問の問題でした。せめて難問にして下さい。
一昨年が難問で去年が良問(簡単)で今年が奇問だったので、来年はまた簡単になるんじゃないでしょうか。簿記論考えてる人は来年チャンスかもしれません。今回奇問出した人がまた来年も問題作るのでわかりませんが。


このまま財務諸表論についても色々書こうと思ったのですが、簿記論で書くことが多すぎてパッチが終わったので割愛しましょう。
財務諸表論は割と良問が多くて今年も良問でしたしね。

ただ1つ言うなら、今年の理論記述問題で外貨建財務諸表の論点が出たのですが、ここが各予備校が重要度が低いと言っていた論点で、今回かなりそこの出来が悪いそうです。
でも何となく出るんじゃないかなーと思って私はそこ個人的に勉強してたんですよ! そしたらまさかのドンピシャ出題! 問題みた瞬間卒倒して踊りだすところでした。
割とそこのおかげで合格確実ラインを余裕で越えられました。いえいえうううううおお!!!!


とまぁこんな感じで1つ試験が終わったのでまたメイプルしまーす。ひゃっほージェネぷっぱー!!
あ、試験期間中に憂さ晴らしでスマブラやりまくってたら上手くなったので出来る人いたらやりましょう。シュルク使いますだんだんのってきたよーー!!

そんな感じでまたよろしくお願いします。


スポンサーサイト

| 開拓者精神ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://frospi834.blog.fc2.com/tb.php/564-c8eff934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。